POSレジアプリ導入をおすすめしたい業種とは!?|新人オーナーさん必見!POSレジを導入するメリットとは!?

POSレジアプリを選ぶポイントとおすすめの業種を大公開!

POSレジアプリ導入をおすすめしたい業種とは!?

レジ

POSレジアプリ選びのポイントとは!?

アプリのPOSレジを導入したいと考えていても、数多くの種類がありますのでどれを導入すればよいか分からず迷ってしまうこともあります。こちらではPOSレジアプリ選びのポイントを紹介しますので、参考にしてください。

ポイント1、無駄な機能がついていないか?

豊富な機能が搭載されているものは値段が高い傾向があります。コストが高い多機能なPOSレジアプリを導入しても、使わない機能が多かった場合はコストパフォーマンスが悪いです。必要な機能はどのような機能なのかを明確にして、必要な機能だけを搭載しているPOSレジアプリを導入すること費用対効果を高められます。

ポイント2、ランニングコスト

POSレジアプリの中には、無料で活用できるものから毎月定額の利用料金がかかるものもあります。リースを利用する場合は、初期費用は掛かりませんが本体のリース料金もかかります。毎月のランニングコストを計算した上でどれを選ぶか決めましょう。

ポイント3、使いやすい操作性のものを選ぶ

レジアプリによって操作性はそれぞれ違います。カテゴリごとに色分けがされていて会計時のミスを防げる使用になっている物や、値引きなどの操作が手軽に行える操作性になっているものなど、操作しやすいようにそれぞれのPOSレジアプリが工夫をこらしています。よりお店に合う操作性のものを見つけるためにも、体験版などを使ってみるとよいでしょう。

POSレジ導入おすすめ業種ランキング

no.1

第一位「飲食店」

飲食店に導入することによって、時間ごとの売れ筋メニューを知ることができるので、どの時間帯に何を仕込んでおけばよいのかを知り、より効率よく業務を行うことができます。また、在庫管理も一目でできますので仕入れる必要がある食材や、傷みそうな食材もすぐにわかります。業務の効率化を図るだけでなく、食品ロスによるコストの無駄遣いを軽減できます。また、収集したデータをメニューの見直しや、新メニューの開発をする際に参考にできます。

no.2

第二位「スーパーマーケット」

数多くの品数を扱っているスーパーマーケットがPOSレジアプリを導入することによって、正確な在庫管理を実現することができます。欠品を防いでお客様に迷惑をかけることもなくなりますし、棚卸の負担を軽減することができます。また、どの商品がどの値段なのか、どの商品がセール対象商品でどれくらい安くなっているのかなどいちいち把握しなくても良いのはメリットと言えるでしょう。

no.3

第三位「クリニック」

病院の会計業務が滞ると、患者の待ち時間が長くなってしまい体への負担をより大きくしてしまいます。POSレジアプリを導入して会計をスムーズにすることによって、患者の待ち時間を減らしてより満足度の高い診察を実現することができます。患者別やドクター別の集計機能や、保険診療と自費診療と物販の販売区分の管理などをが出来る医療現場用のPOSレジアプリなどもありますので、そのようなものを導入するとよいでしょう。

no.4

第四位「チェーン店」

チェーン店を複数経営している場合は、一つ一つのお店に足を運んで売り上げ情報などを確認するのは大きな負担がかかり、無駄も大きいです。POSレジのアプリを導入すれば、外出先でも各店舗の売り上げ状況や在庫状況などをタブレットで確認することができますので、管理者の業務効率を飛躍的に向上することができます。店舗別の売り上げや、顧客の傾向なども知ることができるので、より理にかなった戦略を立てるための材料を得られます。

no.5

第五位「アパレルショップ」

アパレルは同じデザインの商品でもサイズやカラーなどが異なりますので、それぞれの商品在庫を正確に把握しておくことによって、お客様が欲しがっている商品を安定して提供することができます。POSレジアプリは在庫管理を効率化できますので、サイズやカラーの欠品をすぐに把握して補充できます。また、顧客情報を蓄積してお客様の好みに合うような商品をおすすめするなど、接客の品質向上にも役立ちます。

広告募集中